カメラマンの種類って知ってる?実は色々あります!!

けいじ(カメラ担当)

あなたはカメラマンって色んな種類があることをご存じでしょうか?

私が最初に浮かんだカメラマンはモデルをとるカメラマンでした。

今回の話でカメラマンのジャンルなどがわかると思います。

 今回は話を分かり易くするためカメラマンの定義として本職やアルバイト、副業などのお給金を貰っている方とします。

この定義にした理由としてはカメラマン自体に資格等を有する必要がないため、極端に言うと自称カメラマン等を入れると話がややこしくなるためです。

まあ言ってしまうと現状の私もお金を稼いでいるわけではないので自称カメラマンなわけですがこれから副業等からでもカメラマンになりたいと思ったこともあり共有も兼ねて読んでおただければ幸いです。

 人物カメラマン、広告カメラマン、物撮りカメラマン、動画カメラマン、物件カメラマン、ドローンカメラマンなど種類は多彩でどんどん増えています。

王道は人物カメラマン、広告カメラマン、物撮りカメラマンです。

一般にいうカメラマンのイメージは主にここがベースになると思います。

今回は王道の人物カメラマン、広告カメラマン、物撮りカメラマンについて書こうと思います。

 人物カメラマンは主に七五三、結婚式などのイベントの際に主役になる子供やお嫁さんを含め周りのご家族さんの一生に一度の姿を撮影するお仕事です。

人を相手にしているのでもちろんコミュニケーションがいります。

というのも、撮るカメラマンもですがとられる方はとても緊張していることが多いです。

声掛け等で場を和ませ相手の緊張をほぐすことが良い写真を撮ることにつながると思います。

また最近ではマッチングアプリのプロフィール写真などニーズが拡大し続けているところです。

 ポスターなどの奇跡の一瞬をとるカメラマンのことを言います。

その奇跡の瞬間を逃さず撮る技術などがいります。

また、大手の広告等で起用されるには色んなつてなどもいるようです。

初心者目線でいうとそもそもどこで広告の案件を拾ってくるのかという所になってきます。

端的に言うと広告カメラマンになるのはすごく難しいということになります。

まず最初から広告カメラマンになるのは難しいと思われます。

 例えば販売するアイテムをより良い形でとるカメラマンのことです。

例えばスイカを売りたいとして写真を撮るとしてスイカを緑の状態でとるかというと私は中の赤い果肉や種が見えるように切った断面が見えるようにします。

スイカをいかにおいしそうに見せるかを考え夏をイメージした背景に…また小道具として塩なども使うのも検討するかもしれません。

時間の限り色んなパターンを試すと思います。

大手の案件に関しては紹介等がいるようです。

 カメラマンには色んな種類があります。

種類は多岐に渡り人物カメラマン、広告カメラマン、物撮りカメラマンなどがあります。

人物カメラマンは本来七五三や結婚式などの一生に一度の写真を撮るもので、コミュニケーション能力がいります。

また、マッチングのプロフィール画像など新たなジャンルが増えています。

広告カメラマンや物撮りカメラマンは初心者には難しく大手からの案件などは基本ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました