断捨離、ミニマリスト必見!写真をデジタル化にするには!?

けいじ(カメラ担当)

あなたは写真をどのように管理していますか?

紙媒体にしたり、データとして管理している人、私が以前にも書いたことがあるのですがインテリアにしている猛者などもいることでしょう。

今回は写真にしたものを逆にデジタル化させることについてです。

写真化してない方に関しては直接関係ありませんがそういうのもあるんだと知識だけでも持っていただけたら幸いです。

文章より方法さっさと知りたい人は下の画像からリンク先に飛んでください。

逆に写真化したいって人もいると思うのでそちらのリンクと記事も載せておきます。

気になったら覗いてみていってください。

自宅でもできる!?写真をネットでプリント注文する利点!

写真のデジタル化の利点について

 写真のデジタル化の利点は大きく分けて2つあります。

1つ目はなんといっても質量の軽量化です。

2つ目としてはスライドショーにしてもらえる。

3つ目は風化しにくいことです。

4つ目は紙媒体が不要になる場合は写真の供養・廃棄も無料で行ってくれる。

質量の軽量化

 質量の軽量化と書かれていると固苦しいと感じてしまいますがが簡単に言うと「写真をデジタル化しよう」という話です。

私個人としては程よく写真とデジタルの両方持っている状態が良いと思っています。

しかし近年の断捨離等の周りのモノが少ないことがスマートでかっこいいとされています。

昔の自分も写真が多すぎて「どこにあの写真おいてたかな。」となってしまうことが多々ありました。

写真をとって見返すことは私も楽しいのですべての写真を捨てるとかは全然考えていませんが今の私は増えすぎた写真を整えてその時のベスト写真のみアルバムに残しています。

今から思い返すと亡くなった犬の何気ない写真などかけがえない写真もたくさんとっていたので捨ててしまわず今回紹介している写真をデジタル化するサービスが当時からあったら…と思う時があります

カメラやパソコンは急に壊れてしまうことが多いのでデータが急に消えてしまうということが起きてしまうので保険の意味でも有用だと思います。

スライドショーにしてもらえる

 あなたは写真を見返すことはありますか?

私は写真を現像して追加する時とお掃除をした時位しか見直しません。

一般的な話になるのですが写真のデジタル化サービスを使用される方のほとんどはデジタル化すること自体が目的になってしまい満足して見直すことがないらしいです。

そこでクラシックやオルゴールに合わせ写真が4秒で切り替わるスライドショーの形でDVDにしてもらえます。

企業さんが懐かしい写真をもう一度家族で楽しむためのデジタル化サービスということもあり見直したくなるような工夫を感じることができます。

風化しにくい

 写真は本来紙媒体のモノです。(当たり前ですけど…)

写真は紙にインクを塗布していますが紙は湿気などによって湾曲してしまったり、日光による色褪せなど保管をしっかりしていないと風化の影響を受けてしまいます。

今回紹介しているデジタル化はDVDのため幅もとらず比較的管理しやすい形状なんじゃないかなと思います。

不要なときは供養・廃棄も

 デジタル化した元の写真を断捨離したい…という方も多くいると思います。

しかし写真って捨てにくいモノ多くないですか?

例えば子供の小さい時の写真、今はなき祖父母の写真、ペットの写真など

なんとなく捨てにくいモノですよね。

それらの写真を供養して頂けるサービスもあります。

終活や断捨離、引っ越しなどの時などにご利用することをオススメします。

もちろん必要な場合は返却して頂けます

まとめ

 写真のデジタル化によって質量の軽量化や風化しにくくなる。

単なるデジタル化では満足して見直さなくなる人もいるので家族みんなで見直しやすいスライドショーの形にしてもらえる。

デジタル化によって写真が不要になる方は供養も無料で行ってもらえる。

今なら(2023年9月30日までなら)期間限定で発送キットが通常3,300円かかるところ無料になるキャンペーン実施中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました