レトロ感が再燃の理由!?チェキってこんなの!!

けいじ(カメラ担当)

あなたは「チェキ」をご存じですか?

最近でいうとお正月の富士フイルムさんのCMでも出てきていましたよね。

今回は特に学生さんにオススメしたい再燃しつつあるチェキです。

チェキに少しでも興味がある方は読んでください。

 チェキとは1998年11月に発売された、インスタントカメラの一種です。

フィルムを入れて撮影するとその場で印刷されるカメラです。

イメージとしては「カメラ」と「プリンター」がくっついたものと考えたらいいと思います。

撮ったその場ですぐに出てくる写真がカメラです。

近年ではデータをSDに保存するタイプも出てきています。

レトロ感がある写真が人気で再燃しています。

レトロ感はインクジェットやレーザーなど普段の写真とは異なるフィルム技術から出るものです。

金額帯は安いものだと三千円ほどから高い三万円ほどで購入できます

 1998年のプリクラブームの中、若者向けに発売されたものが始まりだそうです。

2002年には販売台数が(5年ほどで)100万台を超えてた位流行ったそうです。

私は正直チェキの存在は知っているけど流行っていることを知りませんでした。

1998年にはすでに生まれてはいたはずなのですが20代後半の私からしたらあまりなじみがない印象です。

というのも2000年位からカメラ付きの携帯電話やデジタルカメラなどが普及したことによりすぐに写真がとれるという利点が薄れてしまい徐々に売れなくなっていったそうです。

つまりは私が写真に興味を持つ頃にはすでにチェキが流行っていなかったようです。

しかし近年のアナログ・レトロブームの影響で若者を中心んい再燃しつつあるようです。

 先ほども少しお話したのですがデジカメや携帯の普及によって衰退の一途をたどったことからもわかりますが代替がきいてしまう点だと思います。

当時は特になのですが携帯などのように多機能にできるのが良いとされた時代にあえて単一機能のモノ使う必要はなかったのだと思います。

万一単一機能のモノを使いたいとしたらコンパクトに使えるデジカメの登場でその必要性は尚更揺らいでしまったことでしょう。

また通常の写真の寿命が50年とされている所、チェキ写真の寿命は5年ほどと長くないのもデメリットになるでしょう。

 ではチェキのメリットは何なのかというと私は3つあると思っています。 

まず1つはなんといっても簡易性だと思います。

現在はスマホがあるといいますがすぐに現像まで行ってくれるというととても魅力的に聞こえる人も多いのではないでしょうか?

あなたも経験があると思うのですがスマホなどで写真をとることで満足してしまい現像するのが面倒で行わないままになってしまう。

学生さんにとってはお店に行くこと自体が難しかったり、今を写真を出せることに魅力はあると思います。

気軽に現像できる点から友達へのプレゼントに添えられたり、現像写真の大きさが小さいことから雰囲気等を把握する意味も含め料理レシピや何かの作り方などをわかりやすくするのにもつかわれます。

また比較的軽量の物も多く発売されているため年齢関係なく簡単にとれるというのも魅力だと思います。

 チェキは他のカメラと比べてとても安価で手に入れることができます。

カメラ自体とても高いと思っている方も多い中、お年玉で充分購入することができるほど安いです。

私の一ヶ月の小遣いでも十分買えるほど安いです!

安いことってそんな重要なのと思う方もいらっしゃるかもしれませんが私はとても重要だと思っています。

というのも、私含め現在の物価上昇等の影響で自由に使えるお金は限られていますよね。

その状況下でも購入を検討できるのはすごくありがたい。

 チェキの再燃した一番の魅力かもしれないのがなんといってもレトロ感です。

チェキのプリントは独自のフィルム技術を使っているものが多いらしくその独特の質感が普段見ている写真と異なることから現在はレトロ感があると認識されているようです。

普通の写真にはない上下左右の余白スペースはペンで書き込み等できプリクラのようなオリジナル感も演出できることもレトロ感に合わせ若い方に根強い人気となっています。

・チェキとはインスタントカメラの一種で撮影後すぐフィルムで現像される物。

・デメリットはフィルムの劣化に弱く5年ほどで消えることがある。

・メリットは軽量で簡易的にとれ、比較的安価である。

・レトロ感やプリクラのような使い方ができるため一部からの強い人気がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました