スマホで画素数が高くないとダメってホント!?

けいじ(カメラ担当)
さくら
さくら

スマホ新しいものにしようかな?
写真とかいっぱいとりたいかも!

スイッチ
スイッチ

写真は高画素が正義!!

絶対画素数の高いモノにしないと!

さすけ
さすけ

スイッチ君、ある程度画素も重要だけど…ね。
画素数は高ければいいってものじゃないんだよ。

ということで今回のテーマは画素数についてです。
昔の私は画素数命だと思っていたので同じように思っている人も多いのではないかと思いましてこのテーマにしました。

この記事でわかること
そもそも画素って何?
画素が高いメリット、デメリット

そもそも画素って何?

 デジカメやスマホの写真は点の集合によって表現されています。

その点のことを画素といいます。

スマホなどでよくある画素数は縦〇 × 横□ (〇と□は点の数)で表されたり、合計値の〇万画素と表現されています。

イメージとしては下の(富嶽三十六景風で)素敵な絵のようにドットの色の違いによって写真として成立しています。

画素が低いとスーパーファミコンのゲームような荒い画質になってしまいます。
(個人的には芸術的で趣があって好きなんですがキレイに写真を撮ることからは離れてしまいます。)

画素数が高い=点の数が多いので細かいところまで表現ができます

また、点ごとに色を使えるため色彩豊かに表現できます。

なので一般的に写真を撮るときは画素数が高くないとダメと言われているのです。

しかし、全く基準がないと正直困ると思いますので目安を出すとすると一般的には1200万画素(4200×2900)あれば問題ないとされています。

画素数が高いメリット

 画素数が高いメリットはなんといってもキレイに画像を表現できることだと思います。

ドットの大きさが小さくなるので細かくなるので繊細な色や形を表現できるのです。

特に細かいところまで拡大したときに差が出てきます。

まず写真屋さんでA2(420×594㎜ ポスターやカレンダーのサイズ)など大きい写真を出すときは画素数が高い方が細部まで鮮明に表現できます!

この話だけを聞くとスマホを中心に写真を撮っている方やそんな大きなサイズで印刷する予定のない方には関係ない話に聞こえるかもしれません。

しかし、実は他の使い方があります。

例えば、初心者あるあるなんですが写真を撮った際、端っこに指が見切れていたりすることや通行人などが入っていることがあると思います。

その時に写真の一部を切り取る時に切り取る大きさによってはと画素数が高い方が良いです。

画素数が高いデメリット

 画素数が高いことによるデメリットがあるのはご存じでしょうか?

一番よく言われるデメリットは一枚あたりの情報量が膨大になるため容量を圧迫してしまうことです。

写真をとることが好きなのに写真をとる枚数を制限されることなってしまいます。

人間は良いものと一番良いものがあった時に一番良いものを求めてしまう生き物であると思います。

しかし、良いものと一番良いものの見分けがつかない可能性もあります。

まとめ

・画素とは写真を表現する点のこと。

・画素数が高いと拡大印刷や写真の一部切り取り時大きく差が出る。

・普通の写真は一定の画素数以上であれば差が出ない。

・画素数が大きいとその分容量がかかるので用途によって程よい画素数のスマホを用いる方が良い。

・1200万画素(4200×2900)あれば問題ない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました